LOG IN

カリブ海ディズニークルーズ社員旅行!?

by MARU

旦那さんの会社が10周年記念という事で、社員とその家族全員をフロリダのディズニーワールドとカリブ海のディズニークルーズへ有難いことに参加させていただきました!
私は特別ディズニーファンという訳ではないのですが、そりゃ行くなら人一倍楽しむスタイルでしょ!?

そもそも私がジュエリーの仕事を始めようと思ったのも、旦那さんの会社の方針を日常的に聞いているうちに、私もその生き方に便乗できるライフスタイルを作りたい!と思うようになったからというのもきっかけの1つ。
会社の特徴としては下記。

・全員ノマドワーカー:好きな時間に好きな場所で仕事
・同僚ではなく仲間:メンバーの家族は自分の家族
・副業、起業OK:獲得したスキルや経験を会社にフィードバック

他にも変わったところがあるけどが大きくはこんな感じ。これはまた改めて。。。

船上では飲み放題食べ放題 夢のディズニークルーズライン

ディズニーが運営するクルーズラインでは、幼児から大人まで一日中船内で楽しめるディズニーイベントやアトラクションが盛りだくさん。
毎晩行われる本格的な劇場でのマジのミュージカルや、キャラクターがいろんな格好して写真を撮ってくれる。
(私は並ぶのが嫌だからやらなかったけど)

最終目的地はキャスタウェイケイというディズニー所有の無人島に上陸

ディズニー所有の無人島へは、クルーズ船に乗った人しか行けない。
広い海の中をシュノーケリングをしてディズニーキャラクター探しに夢中になって翌日まで堪えた。遊びに全力出しすぎ、、
というか海が広すぎてディズニーがこっちに体力求めすぎ、、、

マンションと見紛う豪華客船はカルチャーショック&初めての体験すぎて目が点になる。
東京タワーが横に寝たくらいの長さの客船は14階建てで4000人の乗客と2000人のキャストが収容できる巨大船。

揺れはほとんど気にならないけど、なんだか揺れてるような、、?変な感覚。

船内には出港後に大人立入禁止になるキッズルームがあり、小さな子どもを小学校高学年の子ども達が面倒を見てくれる。
なんとも優しい世界。

船内では食事やアルコールを除く飲み物やデザートがフリーフローなので常に食べてしまうよ、、、EYE SCREAM←がうまいんだこれまた!

バハマの首都ナッソーへの寄港。

現地人は、ジャマイカ人っぽい見た目。町の配色が絵画のよう。
でもとにかく暑い。暑すぎてバテる!

最終日には屋上プールがクラブになり船上花火まで!!

クラブになる前に同じ場所で舞台があったので、ダンスフロアにいるのはほとんどが子連れ。
アゲアゲテクノで子供も大人も踊る!これぞアメリカン英才教育。

花火が上がってドーン!と大きな音がするけど、海のど真ん中なので我々しかいない。タイタニックの花火のシーン思い出しちゃったよ。

どこまでも続くカリブの水平線。

夜中にデッキに出てみると、遠くで嵐が起こっている。数秒に一度稲妻が走る大きな嵐。
あんなに遠くの稲妻を見ることはもうないのかも知れない。
あくる日は満点の星空。
朝焼け、夕焼け、海と空しかないけど、どれも本当に美しかった。

一部不参加でしたが総勢32人の大所帯!

半年に一度は全員で合うので親戚よりも親戚付き合いをしている感覚。

旦那さんの会社のメンバーは大きな大きなひとつの家族。
社員は家族だって言ってる社長によく会いますが、ここまで実行できている会社はなかなか無い。
奥さんと子供の名前全員言える会社って珍しいよね。

みんな健康でまた笑顔で会えますように。

旦那さんに頑張ってもらえるように私もサポートしたいなと思う毎日でございます。
(うちの旦那に限っては私が家事を頑張るというより事業を楽しみ、成長させる方が刺激になるみたいですが)


MARU
OTHER SNAPS