LOG IN

Interior designer Maru 期間限定再始動中!

by M


インテリアデザイナーまる期間限定再始動中!

友人であるオーナーさんと私が奇跡的に趣味がかなり近く、丸々私が買い取ってオーナーになりたいくらいの愛せる店づくりが進んでいる。

それって意外と難しい事で、なぜなら設計の予算的にそんなに時間をかけられないもんね。人の時間は有限だし、スタッフって常に足りないしね。

店づくりを頼まれた時、一瞬不安がよぎった。なぜなら私は、小さな飲食店はデザイナー感ができるだけ薄いほうが良いと思っているから。デザイナー感求めないで欲しいとか言うデザイナーもなかなかいないね。

数ヶ月で他人のデザイナーが仕上げたお店よりも、オーナーさんの趣味とか趣向がモロに出ちゃってる人間臭いお店が大好き。(スーパーデザイナーの完璧な店は別次元)
だからデザインって箱だけの話じゃなくて、とりまく物全てなんだよね。人とかも含めて。
備品とかにお金かけろって話じゃなくて備品も愛して集めろって事で。

国内にも何軒かお気に入りの人間臭いお店があって、きっとデザイナーもとても優秀で、沢山の物を知り、オーナーとも関係良好なんだろうと推察しちゃう。

デザイナーもオーナーもたくさん遊んで、人の10倍学んでること間違いなし。

(写真は関係ないけど LAの Beverly Hills Hotel  エントランスかっこよすぎ)

私はインテリアデザインから引退した。

つもりだった。
一生流行る店づくりをし続けることはかなり困難に思えたし、
人の何千万円を預かる事は責任重大でそれを同時に何件もこなす器用さなんて無かった。

結婚して、老いても続けられる仕事がしたい。そうして大好きだったインテリアの仕事を辞めた。
中学生の時からインテリアデザイナーに憧れ、夢を追い続けた15年。突然なくなったその人生の目標の代わりなんてすぐには見つけられず、ずっとインテリア業界の残像が見えたまま過ごした。
幸運にも真珠の世界に巡り会えた私はラッキーだ。

今回の物件はBARなんだけども、自分の店のつもりで本気で取り組んでる。独立したからこそちゃんと理解できるようになった。理解してるつもりで全然わかっていなかった。1円たりとも無駄にできない気持ち。

正直なところ、やっぱり設計って大変。こんな大変だっけ?って感じするよね笑 

タイル目地の色とか、コンセントの位置とか高さとか、棚の若干の奥行きの違いとか。
大切じゃ無い要素なんてほとんど無いんだから。

物を作るとは何かを改めて考えさせられる。
私はインテリア出身だからこそ、真珠の良さを伝えるデザインができるのだと思う。
今回お店を作って再確認。
商業デザインはデザインの発表の場ではない。

流行るお店になってほしいなぁ!!!

BAR WATERSHED 港区赤坂に2018年2月16日オープン致します!


M
OTHER SNAPS